マイニングリグ(マイニングマシンのフレーム)自作!ダイソーアングル挑戦

今回はマイニング用の機器を取り付けるマイニングリグを自作してみました。
私だけでは絶対無理なので旦那さん出動です!

今回使用するのはダイソーさんのNEXTアングルです。

長さは2種類
60cmのアングルが4本
30cmのアングルが8本
60cmのフラットバーが2本
30cmのフラットバーが4本です
ビスとボルトは6×10の物を使用しました。
家に余っていたボルトとナットも使用しました。

材料はこれだけです。

使った道具は
メジャー
プラスドライバー
スパナ10サイズ
プライヤー(ラジオペンチでも大丈夫です)
電動ドリル
グラフィックボードを止めるのに穴をあけるために
4.2mmの鉄鋼用ドリルを使いました。
バリ取りに5.5mmドリルを使いました。
グラボを止めるビスはM4タイプのビスを使います。

組み立てる前にグラボ用取付用の穴を開けます。
最初は7㎝次からは10cm間隔で
端から5mmの位置で印をつけます。

穴をあけます
貫通してもいいように何枚か木材を重ねてその上からあけました。

ちょうど商品名のロゴの部分に重なりドリルが滑って穴あけが少し失敗しましたが
少し穴を広げて取付出来るように調整しました。
こういうところが自作のつらいとこですが、結果取り付けれればOkと考えて次へ進みます。

あけたあとはバリが残っているので少し大きめのドリルを軽く当ててきれいにしておきます。

下準備はここまで

では組み立てスタートします

最初に60㎝のアングルに30㎝のアングルを2本取り付けます。
ボルトは外側から中に向かって差し込みます。
ここでは手で軽く占めるだけでOKです。工具は最後のほうで登場します。

同様に
コの字型のパーツが2つ作ります。

2つのパーツをつなげます
30cmのアングルを写真のように重ねてボルトで止めていきます
まだ工具は使いません。

4か所止めると写真のようになります。
次は穴をあけた60cmのバーを取り付けます

穴をあけた側が内側になるように取り付けてください。

次は中段です
横穴の下から4段目に取り付けます。
ねじ位置は一番下です。

4か所止めると写真のようになります

次はグラボを支えるパーツの取り付けです
60cmのフラットバーを中段にとりつけます。

1本でも良さそうですが強度を出すため2本にしました。
取り付け位置は3つ目の穴の中央と4つ目の穴の端がです。

最後に中段の後ろ側に60cmのアングルを取り付けます。

ここまで出来たら工具を使ってねじをしめます。
最初から強く占めるとまがってしまう可能性がありますので全体を
少しずつしめていくといいですよ

30cmのフラットバーが余っていますがこれはメインボードと宣言の取り付けに使います
グラフィックボードを取り付けるときに高さの微調整が必要になります。
一番上の穴をあけた60cmアングルのねじを緩めて上下の調整ができます。

パーツの取り付けはM4タイプのねじとナットを使います。

取り付け動画は過去動画でアップしていますので、興味ある方は見てくださいね